動画ニュース速報まとめ

札幌にこんな繊細なラーメンがあったのか! 至高の一杯が味わえると噂の「西洋料理・麺 ヌイユ」に行ってきた / 北海道ラーメン探訪

time 2018/05/05

ひとことでラーメンと言っても、味は千差万別。初めての店に入ればどんな一杯が出てくるのかワクワクドキドキ……空腹を満たすだけでなく、各店の個性が楽しめる点もラーメンの醍醐味といえるだろう。

北海道札幌市にある店「西洋料理・麺 ヌイユ」も、個性的な美味しさがを楽しめるという噂だ。名前のとおり、同店は西洋料理の要素を活かしたラーメンが特徴らしい。さてさて、どんな一杯が待っているのかな〜。ということで、レッツゴー!

・地下1回にある隠れ家的な店構え

「ヌイユ」は地下鉄西11丁目駅から徒歩5分ほどのところにある。地下1階に店舗があってちょっと見つけにくいが、隠れ家的な店構えが “通(つう)” っぽくてイイ感じだ。

階段を降りて店内に入ると、開放感のあるカウンター席のほか、テーブル席にはソファーもあってゆったり。ちなみに、訪れたのが平日の14時頃とランチのピークを過ぎていたこともあってか、店内は混み合っていなかった。

・様々な麺料理がメニューに並ぶ

席に座ってメニューを確認すると、定番のみそ・塩・醤油(各842円)以外にも、ウニや毛ガニなどの様々な食材を使った麺料理が4種類(各950円)並ぶ。うむむむ、どれも美味しそうだなぁ……と迷いに迷った結果、札幌ラーメンの定番『みそ』をチョイスした。

その後10分ほどで、芸術的な灰色の丼に入ったラーメンが登場。スープの上にはマー油やラー油が漂い、ピンク色のチャーシューや透明がかった卵黄なども浮かんでいて、美しいうえにこりゃウマSO!

・スープから具材まで全てが印象的

それではスープをひとくち……みそと鰹粉(かつおこ)の豊かな風味がふんわりと味覚に染み込む。トゲトゲしさや脂っこさを感じさせない、ジワリとくる上品な美味しさが印象的だ。

そしてスープ以外もまた印象的。麺は札幌ラーメンではあまり見ない角ばったストレートで、程よい弾力としなやかさがスープにピッタリ。チャーシューもしっとりしていて、西洋料理ならではの繊細さが感じられた。

さらには卵黄にも特徴があり、箸で割ると中からトロリ……と思いきや、中心まで均等に火が通っていてスープに溶けないところにもビックリ!! スープの味を変えないためだろうか、店のこだわりが見て取れたゾ。

・ディナータイムではラーメンを含むコース料理も用意

西洋料理の要素を活かしたこだわり満載の一杯が楽しめる店「西洋料理・麺 ヌイユ」。ディナータイムではラーメンを含むコース料理もあるようなので、ワクワク感と個性あふれる美味しさをゆったり楽しみたい方にはそちらもオススメだ。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 西洋料理・麺 ヌイユ
住所 北海道札幌市中央区南1条西9-15 B1F
時間 ランチ11:30~15:00 / ディナー17:00~23:30(LO23:00)
休日 日曜

Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「北海道ラーメン探訪

ツイートニュース