動画ニュース速報まとめ

【一攫千金】ロト6の抽選機『夢ロトくん』の結果を予想する『正夢くん』が弾き出した番号を買ってみた結果…

time 2018/05/03

なぜ当たらないのかロト6。1〜43までの数字の中から、たった6つの数字をドンピシャで当てるだけで、最高当選金額6億円が当たるのに……ぜんっぜん当たらないのである。2000円くらいなら当たったこともあるが、私が欲しいのは6億円なのである。

実は、毎回ひそかに買っている。工夫しながら買い続けている。なのに当たらない。宝くじ売り場の『クーちゃんマシン』に選んでもらったり、ロシア超能力開発研究所式ロト6購入法で買ってみたり、いろいろやったが当たらない。だが、今回は……!!

──正直、自信がある。まずは、私の考える理論を聞いて欲しい。

ロト6というものは、『夢ロトくん』なる抽選機によって6つの数字が選ばれる。1〜43の数字が書いてあるボールが入っているマシンで、ジャラジャラジャラーッとシェイクされてから、コロコロ〜ッと1つずつボールが弾き出される。それを6回……

全部当たれば、最高6億っ……!!

それだけなのだ。本当に、それだけっ……。つまるところ、『夢ロトくん』に「何を弾き出そうと思ってる」と先に教えてもらえることができたなら、その6つの数字を買うだけで最高6億円が手に入るのである。教えてくれ。たのむから教えてくれ……!!

──が、当然、教えてはくれない。ならば……

先読みっ……。いいや、先読みではなく、先に再現……。いわば「先再現」。夢ロトくんと同じような仕組みの装置をこしらえて、念を入れ、「夢ロトくんとシンクロせよ……!」と呪文を唱えつつ、先に私の方で抽選してしまえば……当たるかも!!

ということで作ってみたのが、構想期間5カ月にして完成した、通称『正夢くん』である。いちおう材料も書いておこう。

○●○ 正夢くんの作り方 ○●○

【材料】
・フライングタイガーで売ってるキャンディマシン(400円)
・東急ハンズで買った50個入りのビー玉(350円)

【作り方】
その1:ビー玉に数字を書き込む

その2:マシンの中にビー玉を入れる

以上。

とりあえずオブジェとして可愛いのに、実は6億円の夢をも叶えてくれる一石二鳥のラッキーマシン、それが制作費750円の『正夢くん』だ。

Instagram Photo

あとは、正夢くんに「夢ロトくんとのシンクロ・オン! 第●●●●回の抽選スタート!!」と心の中で強く叫び、念入りに念を入れ、これでもかと願望注入しつつ、夢ロトくんから6つのボールが弾き出される光景をイメージングしながら……

ジャラジャラーッしてから……

心を込めてハンドルを回し……

コロコロコロ〜ッと……

これを6回……!!

その結果……

08、11、21、23、39、41

──こ、これは!! リアル……! 正直、身震いするほどリアルな数字……!! 特に「11 → 21」の “十飛ばし” と、「21 → 23」「39 → 41」あたりの “ひとつ飛ばし続き” を2連発でカマしてくるとか、人間の発想とは思えない。つまり、これは……

神に選ばれし数字……!!!!

──もちろん買った。即買った。これで当たってしまったら、せっかく作った『正夢くん』の出番も1度きりになっちゃうなァ……なんて心配をしつつ、抽選日の夜を待った。そして、ついに……結果が出た! 夜8時過ぎ、運命が決した。はたして正夢くんの予想は、まさしく “正夢” になるのだろうか? 衝撃の答えは、次ページ(https://wp.me/p25BsW-4rmf)にて発表!!

参考リンク:フライングタイガー「キャンディマシン
Report:ロト6研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

ツイートニュース