動画ニュース速報まとめ

【実話】ド素人だった私がロケニューの面接に合格した理由 / ロケットニュース24ではライターを募集しています

time 2018/03/30

先週もお伝えしましたが、ロケットニュース24ではライターを募集しています。応募してくれるまで何度でも言いますが、ロケットニュース24ではライターを募集しています

正直なところ、我々が想定したより応募状況が芳しくなく「なぜだろう?」と考えていたところ、知人から「ロケニュー怖いもん。相当な勇気がないとなかなか応募できないよ」と言われました。

果たしてそうでしょうか? ズブの素人だった私(P.K.サンジュン)でさえ何とかなっていますので、今日はその話をしたいと思います。どうかこれを読んで「それなら自分でも出来るかも!」と安心してご応募ください。

・応募したきっかけ

あれは今から5年ほど前の2013年12月のこと。当時私は不動産会社に7年ほど勤務していました。その頃ちょっとした心境の変化があり「このままサラリーマンでいいのかなぁ?」と思ったときに目にしたのがロケットニュース24のライター募集です。

昔から読書が好きでしたし、何年かはブログも書いていました。……いま見るとヒドいもんですが、知人たちから「サンジュンは文才あるね!」なんて言われて調子に乗っていたのでしょう、私は勇んでライター募集に応募しました。

……。

…………。

……………………。

──そこから半年間放置です。実はサイトを掘っていけばライター募集ページはありましたが当時のロケットニュース24は欠員がなく、特に人材を必要としていなかったのです。しかもその時の募集要項には「ライター経験のある方」と書いてありましたが、私にはライター経験が1度もありませんでした。

簡単に言えば、条件を満たしていないのに履歴書を送り付けたわけですから返事が来ないのも無理がありません。私自身も応募したこと自体をすっかり忘れていた頃、編集長のGO羽鳥から「まだライターにご興味ありますか?」と連絡があったのです。

・半年間放置されたが……

私は迷うことなく面接に向かいました。事務所のある新宿二丁目の雑居ビルだけは確かに最初は怖いかもしれません。そして初めて目にした本物のGO羽鳥に私は感動……しませんでした。なぜなら私は “ライター基準” で記事を読んだことがなかったからです。

微かに知っているのは佐藤記者くらいで、それも「小汚いおっさんがいたな」と思っていた程度。憧れのロケットニュース24というよりは、私が読んでいたおもしろ系サイトがたまたまロケットニュース24しかなかった、というのが正直なところです。

さて面接ですが、軽い挨拶はしたもののなかなか話は弾みません。GO羽鳥は優しい人ですが巧みな話術があるわけでもなく、私も面接を受ける側の人間としてしゃしゃった真似も出来ず、ぎこちない空気がただよっていました。

・面接でのできごと

そんなときです、履歴書に目を通したGO羽鳥が「プロレスお好きなんですか?」と発したのは。そこからはひたすらプロレストークで大盛り上がり! ライターの話なんて一切していません、お互いにプロレス愛を語り合いました。

私が「中学生の頃、長州力が本当の父親だと思っていた」と言えば、GO羽鳥も「中学の頃、全日本女子プロレスの道場で出待ちをしていた」と返すなど会話がかなりスイングしたのでしょう。まさか「フミフミ(斎藤文彦氏)のコラムが最高だった」なんて話で盛り上がるとは思ってもいませんでした。

結局、ほぼプロレスの話しかせず1時間の予定が30分ほど延長した頃「あ、じゃあライターやってみましょう!」とGO羽鳥から合格が言い渡されたのです。その後はサラリーマンをしながら1年間、外部ライターとして執筆活動し2015年に事務所勤めになりました。

・たった1つだけ必要なこと

GO羽鳥いわく、「サンジュンは最初からほぼ完成されていた」らしいですが、私も必死に学びました。1を聞いて200を知る……個人的にはそれくらいの気合いがあれば何とかなると思います。また、我々は出し惜しみは絶対にしません。ありったけのノウハウをお伝えすることを約束します。

Instagram Photo

ロケットニュース24には個性豊かなライター陣が集まっています。わんぱくなライターもいれば物静かなライターもおり、少々変態チックなライターもいます。そしてその全員が、仲間でありファミリーでありそしてライバルです。みなさんもその一員になりませんか?

応募にあたり条件等はありませんが、下記のいずれかに当てはまるという人は大歓迎です。

【歓迎する経験や能力】

  • ロケットニュース24をいつも読んでいて、書き方の雰囲気などを分かっている方
  • これまで紙媒体やネット媒体で執筆経験のある方
  • ガンガン取材に行けるようなフットワークの軽い方
  • 英文などもサラサラと読める方
  • IT知識、ネット事情などについて詳しい方
  • 定期的に記事を書ける方
  • つまりはプロ意識のあるライターさんを募集しています

【報酬】

記事1本に対して報酬をお支払いいたします。報酬は、「基本報酬」と「インセンティブ報酬」を合わせた額となります。

基本報酬 + インセンティブ報酬 = その月の報酬

基本報酬の目安は、1本あたり2500円〜7000円(※あるいはそれ以上)で、記事執筆にかかる手間やクオリティ等に応じてお支払いします。また、インセンティブ報酬は「PV等から計算した金額」となります。

なお、研修期間は基本報酬のみとなることをご了承ください。研修期間の長さは人によりますが、短い人だと7本ほど、長い人でも15本ほど書くと研修期間終了となります。ちなみに私は6本くらいで研修が終了しました(自慢)。

【応募方法】

下記の履歴書と記事2本以上を recruit@rocketnews24.com 宛に、件名は「【ロケット】ライター応募」としてお送りください。

1) 履歴書 ※ ブログ、TwitterなどをやっていればそのURLも

2) 記事2本以上
下記3つのテーマの中から2つを選んで、1テーマにつき1本、計2本の記事を書いてください。「3つとも書ける!」という人は3本書いてお送りください。また、いずれの記事もロケットニュース24の過去の記事を参照し、実際に掲載されることをイメージしてお書きください。

・オリジナル記事(ネタも自分で考えたもの)
・英語ソースが元ネタの記事
・日本語ソースが元ネタの記事

※ 記事のタイトルは非常に重要な要素です。実際に公開することを前提にタイトルを付けてください
※ 記事執筆の所要時間も付記しておいてください(例: 1時間10分)
※月に何本くらい書けそうかという目安も教えてください(例:月30本など)

弊社にて書類選考のあと、面接を行い、採用判断という流れです。尚、大変申し訳ないながらも選考を通過された方のみへの連絡とさせていただいております。あらかじめご了承ください。

それでは、たくさんのご応募お待ちしております!

執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ツイートニュース