動画ニュース速報まとめ

【ガチ検証】40歳の標準体型がライザップに通い始めた → 3カ月で「バキバキボディ」になれるのか?

time 2018/05/14

ついにこの時が来てしまったようだ──。これまで数々のダイエット企画に挑戦してきた私、P.K.サンジュンは満を持して『ライザップ』の門を叩くことになった。

今やその名を知らぬほど有名になった『ライザップ』だが、いまだその全容は謎の部分が多い。果たしてライザップはいかにしてミラクルボディを作り上げているのか? そして決してデブではない体型でも劇的な効果は得られるのか? およそ3カ月の戦いが始まった──。

・標準体型でもライザップは効果があるのか?

確かにライザップの実績は凄まじい。最近では佐藤仁美さんや梅沢富美男さんがド級のボディメイクに成功していたし、過去にライザップで結果にコミットした芸能人の名前を挙げればキリがない。おそらくその実力は本物なのだろう。だがしかし……。

ぶっちゃけて言えば「素材が良いから成功しているように見える疑惑」もなくはない。つまり、効果の出そうなタレントを痩せさせて「ボディメイク成功!」と言っているのではいないだろうか? いわゆる標準体型の一般人でも、しっかり “結果にコミット” することは可能なのだろうか?

私の場合、腹回りの肉はあるものの「決してデブではない」と自負している。数値的に見ても肥満体型ではないし、健康診断でもA評価がほとんどだ。要するに今回の企画は「中肉中背の標準体型(40歳)でもライザップは効果があるのか?」確かめるものである。

なお、現在ライザップでは「北斗の拳」とのコラボ企画「ケンシロウボディコンテスト」を開催中とのことだ。北斗の拳ファンの私を待っていたといっても過言ではない企画ではないだろうか!?

・カウンセリングを受ける

さて、まずはライザップ入会のため「専門カウンセラーによるカウンセリング」を受けることになった。現在の体重や体脂肪率、基礎代謝量を計測しつつ、ライザップの基本的な説明を受ける。

カウンセラーさんは物腰がやわらかく、こちらの質問にも的確に答えてくれる。色々聞いてみると、ライザップは「筋トレ」「低糖質」「サプリメント」がボディメイクの3本柱のようだ。

お次にその3本柱を活用しつつ「どんな体になりたいのか?」をカウンセラーに相談する。私は痩せていてもヒョロい体には興味が無いので「男らしいバキバキの体」をリクエストした。具体的には「筋肉量を維持(もしくはプラス)しつつ体脂肪が半減した肉体」だ。

ハイテクなマシンで、過去のデータを元に「理想の体にどれくらいの期間で到達するのか?」をシミュレーションしつつプランを立ててくれるから、説得力もある。

現在、私の体脂肪率は15.7%。つまり体脂肪をアスリート並の7~8%まで落とした「ブルース・リー」のようなボディを目指すことになった。標準体型の男性が3カ月で「燃えよドラゴン」ばりの体になれるならば、過去のライザップ成功者に匹敵する成果ではなかろうか?

そしてついにボディメイクがスタート! トレーニングルームは完全個室になっていて、トレーナーさんと2人の空間だ。私を担当してくれるのは “マッスル可愛い系男子” 小川トレーナーである。小川トレーナーのためにも死に物狂いでやるしかねえ……!!

物腰がやわらかく口調も丁寧な小川さんも、いざトレーニングが始まると 超熱血トレーナーに豹変する。ただ「行ける行ける!」「あと2センチ!」「新世界を見ましょう!」「オオッケェエエエイ!!」とどんどんヒートアップして、やり切った後の爽快感は格別だ。

初日は足をフラつかせながらライザップを後にし、家に帰ってからは小川トレーナーから丁寧な説明を受けた通りの食事を行っている。「食事指導」もライザップの特徴のひとつで、食事の写真を送るたびにトレーナーがアドバイスをくれるから初心者でも安心できるに違いない。

ちなみに私は「完全糖質カット」ではなく、1日1回100グラムの炭水化物を摂るように言われている。大まかなプログラムではなく「その人にベストマッチした提案」をしてくれること、そして「徹底的な寄り添い」こそがライザップの魅力なのだろう。やってやる……! メチャメチャいい体になって冬でも第6ボタンまで開けて街を練り歩くんや!!

というわけで、およそ3カ月後の結果報告を楽しみにお待ちいただきたい。ちなみに「ケンシロウボディコンテスト」では、なんと原哲夫先生も「どれだけケンシロウに近づいたか?」審査してくれるらしい。キャンペーンサイトではコラボ漫画も読めるのでぜひチェックしてみよう。

またコラボ期間中は3万円割引き、しかもコンテスト優勝者には50万円が贈呈される。さらに言えば、そろそろやってくる “夏本番” ……。時は来た……のかもしれない。

とにもかくにも、いよいよ始動したライザップ企画。標準体型でも結果にコミットし “バキバキボディ” になれるのか? 全ては3カ月後、明らかになる──。

参考リンク:ケンシロウボディコンテスト(スマートフォン パソコン)、ライザップ
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ツイートニュース